更新

クレジットカードの審査基準は?審査で見られる項目とは

クレジットカードを申し込んだ際、どのようなことを審査されるのか不安に思う方もいるのではないでしょうか。クレジットカードは申し込みの後、審査を通過すると発行へ至ります。今回はクレジットカードの審査の内容や、審査基準などについて解説していきます。

チェック

申込書で審査される項目とは?

クレジットカードの審査では申込書に記入した年齢、職種、勤務先の規模と勤続年数、年収といった仕事に関すること、住居形態や居住年数、家族構成などの属性から判断されます。こうした審査項目ごとに点数をつけるスコアリングの結果で、カード発行の可否が審査されます。

また一般カードよりも、ゴールドカードやプラチナカードになると、この審査基準が高く設定されています。

クレジットカードで審査されるポイントは?

中でも特に重視されるのは、年齢と勤務先の規模、勤務年数です。勤務先は上場企業など規模の大きな企業に勤めていると有利となり、勤務年数も長い方が評価が高くなります。また賃貸物件よりも持ち家に居住、一人暮らしよりも実家暮らしの方が高評価です。最近では固定電話の番号のない方もいますが、固定電話の番号があると、プラスの評価となります。

個人信用情報センターへ利用履歴を照会する

自己申告による申込書への記入内容以外には、これまでの支払い履歴(クレジットヒストリー)や借り入れの状況も審査のポイントです。個人信用情報センターへ銀行やクレジットカード会社、消費者金融などの利用履歴の照会が行われ、延滞などの事故情報がないかチェックが行われます。携帯電話本体の割賦販売あっせんによる分割払いも登録されているため、携帯電話料金の滞納があると審査が通らず、カードが作れないこともあります。

申し込み履歴も審査の対象になる

クレジットカードの審査で気をつけたいのが、カードの申し込みの頻度です。クレジットカードの申し込みをすると、個人申請情報センターに6カ月間その履歴が残ります。クレジットカードの申込みが立て続けに行われている場合、支払いがひっ迫しているとみなされカードが作れないことがあるので、短期間に複数枚の申込みをしている場合は注意が必要です。

 

クレジットカードの審査が不安だからと偽りの内容を書くと、かえって審査にマイナスになります。虚偽は今後の審査にも影響してしまうという認識を持って、クレジットカードの申込書は空欄を残すことはせずに、正しい内容を記入しましょう。     

この記事のおすすめクレジットカード

楽天カード

楽天カード

楽天カードは、年会費は家族カードを含めて無料で、最大で2,000万円の海外旅行傷害保険もつきます。100円で1ポイントが付与され、楽天市場での利用ではポイント4倍、楽天ダイニングではポイント2倍です。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

ライフカード

ライフカード

ライフカードは、年会費が家族カードやETCカードを含めて無料です。入会後1年間はポイントが1.5倍つき、誕生日月の利用では基本ポイントが5倍となり、さらに、カード利用額によって、最大でポイントが2倍となるため、ポイントが貯まりやすいです。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

セディナカード

セディナカード

年会費は永年無料。セブンイレブン、イトーヨーカードーでのショッピングで毎日ポイント3倍。ネットショッピングで毎日ポイント3倍~21倍。毎日のお買い物でお得に利用ができるカードです。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

おすすめ・お役立ち記事一覧

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。

おすすめ・お役立ち記事一覧

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。