更新

ポイントをザクザク貯めて節約!クレジットカードをお得に活用する方法

今やネットショッピングをする際には欠かせなくなったクレジットカードですが、意外とその活用を方法を知らないまま使っている人も多いのではないでしょうか?もっとお得にクレジットカードを活用するためにおすすめなのが、利用額に応じたポイント還元に注目した使い方。

今回は、効率よくポイントが貯まって、節約につながる方法をご紹介します。

電卓と家の模型

クレジットカードのポイント還元がお得

クレジットカードのポイント還元率はカード会社によって異なりますが、通常0.5~1.0%。高還元率のクレジットカードといわれるもので、1.5%程度になります。ただカードによっては、特定のショップで買い物をするとポイントの倍率が高くなり、中には25%というカードもあります。しかし、普段の買い物や、ネットショッピングだけでポイントを貯めるのはもったいない。もっと賢く楽にポイントを貯めるには、必ず支払わなければならない固定費をクレジットカード払いにすることがおすすめです。公共料金や携帯電話などの通信費を毎月口座引き落としにしているという人は、この機会にクレジットカード払いを検討してみてはいかがでしょうか。

ポイントを効率よく貯める方法

1.公共料金の支払い

国民年金や水道料金、電気料金、ガス料金なども、クレジットカードの支払いに対応しています。口座引き落としにしている人は、カードでの支払いに変更すれば毎月一定のポイントを貯められ、節約にもつながります。

 

2.通信費・定期代などの固定費

公共料金と同様に、携帯電話代やインターネットなどの通信費の支払いや、通勤・通学の定期券の購入などにクレジットカードを利用しましょう。月々の支払いがカードでの支払いになるだけで、出ていくお金は変わらずにポイント還元の恩恵を受けることができます。しかも家族分の支払いを一枚のカードにまとめれば、それだけでかなりのポイント還元を受けられます!

 

3.保険料などもカード払いで

火災保険や自動車保険などの保険料の支払いにもクレジットカードを利用できます。また、2017年1月より、国税もクレジットカードでの支払いが可能になりました。ショッピングで貯めるだけでなく、保険料のように額が大きい支払いに利用してポイントを貯めれば、節約にもつながります。

カードは1種類にまとめて利用

ポイントを賢く貯めるには、利用するカードを1種類にまとめるのが最も効率が良いです。ショッピングでよく使うカードをメインにして、公共料金などの支払いも同じカードにまとめると、ポイントも早く貯まってお得です。デパート系や航空会社系のカードなど、目的によって何枚かカードを持っているという人は、還元率なども考慮してメインのカードを1枚決めましょう。

 

クレジットカードを作る際は、ポイント還元率の高さで選ぶのもおすすめです。支払いは1つのカードにまとめ、必ず支払わなければならない毎月の固定費などをカード払いにすることで、賢く節約につなげましょう。

    
この記事のおすすめクレジットカード

楽天カード

楽天カード

年会費が無料で気軽に作れる楽天カード。インターネットでよく買い物をする人や、海外旅行傷害保険付きなので旅行好きな人にもおすすめです。楽天EdyやApple Payにも対応。貯まったポイントはANAマイルにも交換できます。

カード情報を詳しく見る公式サイトはこちら

ライフカード

ライフカード

ポイント還元率が高く、年会費が永年無料。ETCカードも無料なので車に乗る人にもおすすめです。ポイントの有効期限が5年なのも嬉しいところ。貯まったポイントは、アマゾンギフト券やQUOカード、ANAマイルなどに交換できます。

カード情報を詳しく見る公式サイトはこちら

VIASOカード

VIASOカード

年会費は永年無料。ポイントサイトVIASO eショップでお買い物をすると、ポイントが最大10%も付くお得なカードです。また、貯めたポイントは自動的にキャッシュバックされるため、ポイントの交換を忘れて消滅させてしまう心配がありません。

カード情報を詳しく見る公式サイトはこちら

クレジットカードの基礎情報・お役立ち記事一覧

お得な入会キャンペーン中のクレジットカード

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。

クレジットカードの基礎情報・お役立ち記事一覧

お得な入会キャンペーン中のクレジットカード

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。