更新

クレジットカードの申し込みを行う前にチェック!作成に必要なものはこちら

クレジットカードを作るためには、カードを申し込んだ人を確認するために本人確認書類が必要です。そして、利用した場合の代金を引き落とす口座も準備しておかなければなりません。申し込み時に慌てないよう、事前に必要なものをチェックしておきましょう。

サインをする人

本人確認用の身分証明書

クレジットカードを作る際には、申し込みをしているのが本人であるかの確認と、支払い能力の審査のために本人確認書類が必要となります。利用できる本人確認書類には主に以下のようなものがありますが、クレジット会社によって利用できる身分証明書の種類は異なりますので、申し込みの前にチェックするようにしましょう。運転免許証、パスポート、健康保険証はほとんどのクレジットカード会社で対応していますが、健康保険証の場合、現住所が証明できる書類が追加で必要となる場合があります。

 

本人確認書類

1.運転免許証もしくは、運転経歴証明書のコピー
2.パスポート
3.各種健康保険証
4.個人番号カード
5.在留カードや特別永住者証明書
6.身体障害者手帳
7.写真付き住民基本台帳カード
8.住民票の写し
9.印鑑登録証明書
10.国民年金手帳

クレジットカードの引き落とし用の銀行口座

クレジットカードを作るには、利用代金の引き落としができる銀行口座が必要です。カードの申し込み時に口座情報を登録すると手続きがスムーズに進みます。カード会社によっては、後日口座振替申込書を提出すればよい所もありますが、事前に準備しておきましょう。

 

クレジットカードを申し込む際、書類に不備があると、それだけ発行に時間がかかってしまったり、二度手間になってしまったり、審査に落ちてしまう場合もあります。きちんと準備してから申し込みを行いましょう。

    
この記事のおすすめクレジットカード

楽天カード

楽天カード

楽天市場で便利に使える楽天カードですが、年会費永久無料にもかかわらず、100円利用に1ポイントというポイント還元率が高い点もおすすめのポイントです。楽天Edyや街中で使える楽天ポイントカードの併用でさらにお得なカードライフが楽しめます。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ネットで申し込み後カウンターで受け取るシステムで、最短で当日発行も可能なカードです。年会費永久無料ですが、無期限の永久不滅ポイント、西友系列のスーパーでの割引やネットショッピングでの不正利用補償など充実したサービスが付いています。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

JCB一般カード

JCB一般カード

初年度年会費無料、次年度からも1,250円(税抜)とお手頃な年会費!しかしながらサービスは充実しており、旅行傷害保険は最高で3,000万円の補償があります。Apple Pay(アップルペイ)にも対応しているので、iPhoneユーザーの方にもオススメです。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

おすすめ・お役立ち記事一覧

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。

おすすめ・お役立ち記事一覧

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。