更新

カードによって違う!電子マネーのクレジットチャージによるポイント付与

電子マネーにチャージする際にも便利なクレジットカード。しかし、カードによってポイント付与の対象となるものや付与率が低くなるもの、全くポイントが付かないものなどお得度には差が出ます。ここでは電子マネー別にお得なクレジットカードを紹介します。

ポイントカード

電子マネーチャージで得をするカードとは?

SuicaやEdy、nanacoといった電子マネーは、コンビニやスーパーのレジで、現金からだけでなく、自宅や外出先でも、パソコンやスマートフォンを使って、クレジットカードからのチャージも可能です。特におサイフケータイやApple Payのようなモバイル型の電子マネーを使用している場合、クレジットカードを登録しておくと、アプリからチャージができて便利です。しかし、よりお金に近い存在の電子マネーチャージは、通常のショッピングと比較してクレジットのポイントの付与率が低くなったり、付与されない場合があります。しかし、これはクレジットカードによって差があるため、選び方が重要なのです。

Suicaチャージにお得なカード

カード型Suicaの場合、VIEWカード系のみからのチャージとなります。クレジットカードとSuicaが一体化した、JALカードSuicaやANAカードSuicaの場合はVIEWカードと提携していますので、チャージできるだけでなく、残高が少なくなった時のオートチャージ対応や、ポイント還元率が高いというメリットがあります。
モバイルSuicaやApple Payを利用する場合では、他社カードでのチャージが可能です。カード会社によっては、ショッピングと同等のポイントがつくカードもあります。

Edyやnanacoチャージのカード選び

Edyチャージに関しては、多くのクレジットカードが一般のショッピング利用と比較して半分程度の還元率が採用されているか、ポイント付与の対象外です。nanacoチャージについてもEdyほどではありませんがポイント対象外となっているクレジットカードが多いです。
電子マネーへのクレジットチャージの場合、カードの発行元だけでなく、提携している国際ブランドの種類によっても付与の有無が違いますので、よく調べてからカードを選択しましょう。

 

電子マネーは小銭が要らないという利便性だけでなく、クレジットチャージを活用することで、さらに便利にお得に利用できるのがメリットです。普段からコンビニなどをよく利用する方は、ぜひ電子マネーとクレジットチャージの組み合わせを活用してみてくださいね。

    
この記事のおすすめクレジットカード

JALカードSuica

JALカードSuica

Suicaとクレジットカード、JALマイルの積算が1枚にまとまったカードです。搭載しているSuicaへのクレジットチャージが可能で、マイルにも交換できるVIEWサンクスポイントを貯めることができます。

カード情報を詳しく見る公式サイトはこちら

楽天カード

楽天カード

年会費無料と1.0%のポイント還元が魅力の楽天カードですが、Edyチャージでも0.5%のポイントが付与されます。また、提携ブランドがJCBの場合に限り、nanacoチャージもポイント対象となっています。

カード情報を詳しく見る公式サイトはこちら

クレジットカードの基礎情報・お役立ち記事一覧

お得な入会キャンペーン中のクレジットカード

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。

クレジットカードの基礎情報・お役立ち記事一覧

お得な入会キャンペーン中のクレジットカード

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。