更新

あれもこれもリボ払い。便利ですがここに注意して!

クレジットカードの支払い方法の1つ、「リボ払い」。毎月の引落金額を気にしなくていいなど便利な面がありますが実は注意した方が良い点もあります。そこで今回は、リボ払いについて詳しくまとめてみましたのでご参考にしてみてください。

クレジットカードとレシート

注意点1:分割払いに比べて金利が高い!

分割払いの金利は、返済回数が多くなればなるほど高くなる仕組みです。多くの会社が年率換算で10~14%程度です。しかし、リボ払いは返済回数に関係なく返済が完了していない金額に対して年率換算で16~20%程度かかることが多くあります。この金利は、利息制限法の上限とほぼ変わらない金利になっています。つまり、月々の支払金額よりも利用金額が上回り残高が増えていくと毎月の手数料がどんどんあがってしまうということです。

注意点2:返済期間が長くなる

クレジットカードは、限度額内ならば毎月の支払いをしながらも追加で買い物ができます。分割払いならば、毎月の引落金額は当然のことながら増えます。しかし、リボ払いは毎月の支払金額は設定金額から変わらず手数料が増えるだけです。そうなると分割払いに比べて支払い終了期間がわかりづらくなるという点があります。リボ払いですと引落金額が変わらないので、ついクレジットカードでの買い物が増えてしまう傾向があります。しかし、その分返済期間が長くなり高い手数料を払う期間も長くなってしまいますので要注意です。

便利点:ほぼ一定金額の支払いになる

リボ払いには注意しなくてはならない点がありますが、しかしその一方で、上手く使えば便利な支払い方法であることを忘れてはいけません。例えば、一括払いで30,000円の買い物をした場合、支払い月に全ての請求がきますが、リボ払いにすることで毎月無理なく支払いを進めることができます。設定した金額+手数料(金利)を支払うので、毎月同じ価格でゆっくり支払うことが可能です。支払いが終わる前に他の買い物をした場合でも、手数料が多少変わりますがほぼ一定の金額での支払いとなるため毎月の計画が立てやすいというメリットもあります。

 

クレジットカードのリボ払いは、支払いが毎月一定になるため利用しやすいサービスです。その一方、手数料が割高ということや、返済が長期間になるといった注意点があります。しかし、便利な支払い方法でもありますので、計画を立てて利用することをおすすめします。

    
この記事のおすすめクレジットカード

ACマスターカード

ACマスターカード

アコムが発行している年会費が永年無料のリボ払い専用カードがこちら。最短で即日発行も可能なクレジットカードです。とにかくすぐにクレジットカードがほしい方におすすめのクレジットカードです。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

ライフカードStylish

ライフカードStylish

ライフカードが発行しているリボ払い専用のカード。店頭やインターネットで買い物をする際に「1回払い」などを選んでも自動でリボ払いになる便利なクレジットカードです。ポイントは、Amazon・ギフトカード・QUOカードなどさまざまなものに交換可能です。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!

毎月の支払額が5,000円単位で自由に決められるカードです。セブンイレブン、イトーヨーカードーでのショッピングで毎日ポイント3倍。ダイエー、イオンでのショッピングで毎日ポイント3倍。マルエツ各店舗では、カードショッピングのご利用で毎月第2・第4日曜日ほとんど売場全品5%割引!など、毎日のお買い物でお得に利用ができます。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

おすすめ・お役立ち記事一覧

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。

おすすめ・お役立ち記事一覧

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。