更新

公共料金の支払いをクレジットカード払いに!手続きってどうやればいいの?

毎月必ず支払いが必要になる公共料金。銀行口座からの引き落としや、払込票を使っての支払いをされている方も多いのではないでしょうか。しかし、公共料金もクレジットカードで支払うことが可能です!今回は、カードでの公共料金の支払い手続きについてご紹介します。

家の模型と通帳と電卓

各公共料金のホームページ、オペレーターに確認

確実な手続き方法としては、現在契約している公共料金のサービスセンターのオペレーターに問い合わせをすることです。毎月の支払金額のお知らせに連絡先が必ず記載されていますので、そちらから電話をするとよいでしょう。問い合わせには、「お客様番号」が必要になります。支払いのお知らせが手元にないと確認ができない可能性もありますが、住所から「お客様番号」が分かる場合もありますので、そんな場合もまずは電話をして確認をしてみましょう。
またホームページでも手続きの記載と、申込みが可能な場合がありますので、事前に確認をしておくとスムーズです。

カード会社のホームページから申し込む

ほとんどのクレジットカード会社のホームページには、「公共料金のお支払い」といったページを用意しています。申込書を請求し、届いた書類に必要事項を記載して送り返すことで手続きを行うことができます。電話をしなくとも、インターネット上で申し込むことができるので、平日の昼間に連絡することができない方におすすめの方法です。

名義が違うカードでの支払いは可能?

クレジットカードでの公共料金の支払いは、基本的には「本人名義」のクレジットカードが必要です。例えば、公共料金の登録は子供の名前で、支払いは親のクレジットカードからという場合には、利用できるかどうか各公共料金の会社に確認をしてみましょう。

 

公共料金のクレジットカードでの支払いは、うっかり支払いを忘れてしまったりすることがなく便利な方法といえます。また、生活する上で毎月必ず発生する費用ですので、ポイントを貯めたいという方にもおすすめです!支払い方法の変更手続きは簡単なので検討してみては?

    
この記事のおすすめクレジットカード

JCB一般カード

JCB一般カード

国内で使うなら安心のJCBプロパーカード。貯まったポイントは、nanacoポイント、dポイント、楽天スーパーポイント、Tポイント、WAONポイントなどに移行ができます。初年度年会費無料で、年間合計50万円(税込)以上のショッピング利用で、翌年の年会費も無料になります。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

楽天カード

楽天カード

楽天カードから発行されている年会費永年無料なクレジットカード。公共料金の支払いに対するポイントは常に1%と高還元!ENEOSでは2倍、加盟店では3倍と楽天市場以外の利用でも非常に高いポイント還元率が魅力的です。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

永久不滅ポイントで人気のセゾンカード。貯まったポイントの移行先として、T-POINT、nanacoポイント、dポイント、WALLET ポイントなどがあります。年会費が無料で初めてクレジットカードを作る方にもおススメ。最短当日発行も可能です。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

おすすめ・お役立ち記事一覧

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。

おすすめ・お役立ち記事一覧

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。