更新

「ふるさと納税」のクレジットカード払いって可能?

ふるさと納税の季節になると、多くの方がこのようなことを思います。「ふるさと納税の支払いはクレジットカードで行えるのかな。」今回は、その疑問に回答するために、ふるさと納税が可能なクレジットカードなどをご紹介していきたいと思います。ふるさと納税を始めたいと思っている方も、是非参考にしてみてください。

ふるさとの風景

自治体のふるさと納税でクレジットカードの利用は可能?

まず、ふるさと納税の支払いに、クレジットカードの利用が可能なのか明確にしておきたいと思います。対象のクレジットカードにもよるのですが、利用可能な自治体と利用不可能な自治体が存在します。現在の割合としては、大体50%の自治体で利用可能で、残りの50%が銀行振り込みに限定しています。クレジットカードを利用したいというのであれば、まず支払い先の自治体の決済方法について確認しておく必要があります。

ふるさと納税できないクレジットカードって存在するの?

もし、ふるさと納税先の自治体がクレジットカード決済可能だと判明した場合、所持しているクレジットカードを利用することになります。では、すべてのクレジットカードがふるさと納税で決済可能なのでしょうか?こちらに関しては、日本発行クレジットカードであれば、ほとんど利用可能と言っていいと思います。

市町村に直接申し込む

ふるさと納税を総合情報サイトからではなく、市町村に直接申し込む場合、どのクレジットカードブランドでも使えるかということは、しっかり確認しておきましょう。日本発行のクレジットカードであれば、どれでも利用できる場合と、国際ブランド(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、ダイナース)については、限定されている場合もありますので、納税先の情報を個別に確認していく必要があります。

 

最近はテレビや雑誌で目にする機会が多くなった「ふるさと納税」。今度始めてみようと思っているかたも多いのではないのでしょうか。支払いの際にクレジット決済を利用すれば、返礼品の他に、クレジットカードのポイントも貯まってますますお得になることも!?是非参考にしてください。

    
この記事のおすすめクレジットカード

楽天カード

楽天カード

入会費無料・年会費無料で利用できるクレジットカードを希望であれば、楽天カードがお勧めです。還元率も1%と高く、日本最大級のショッピングサイト「楽天市場」で利用できる楽天スーパーポイントも貯まります。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

永久不滅ポイントで人気のセゾンカード。貯まったポイントの移行先として、T-POINT、nanacoポイント、dポイント、WALLET ポイントなどがあります。年会費が無料で初めてクレジットカードを作る方にもおススメ。最短当日発行も可能です。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

JCB一般カード

JCB一般カード

初年度年会費無料、次年度からも1,250円(税抜)とお手頃な年会費!しかしながらサービスは充実しており、旅行傷害保険は最高で3,000万円の補償があります。Apple Pay(アップルペイ)にも対応しているので、iPhoneユーザーの方にもオススメです。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

おすすめ・お役立ち記事一覧

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。

おすすめ・お役立ち記事一覧

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。