更新

クレジットカードの2枚持ちならこの組み合わせがおすすめ

クレジットカードは何枚持っていますか?1枚に集約している人、2枚もしくはそれ以上持っている人も多いかと思います。ただあまり持ちすぎるのも、不正使用の心配や、年会費が無駄になるのでもったいない。一方、1枚しかないと、持っているクレジットカードのブランドが支払いに使えない際や、サービスなどの面で、物足りなく感じることもあります。

そこで今回は、効率よく2枚のクレジットカードを使いこなす組み合わせをいくつか紹介させていただきます。

数枚のクレジットカード

プロパーカード×提携カード

プロパーカードと提携カードは、サービス内容のポイントが異なっているので、両方のメリットを得られます。プロパーカードとはクレジットカード会社が、自社単体で発行しているクレジットカードを指し、JCBカードやアメックス、ダイナースカードなどがこれに該当します。提携カードとは、クレジットカード会社が企業などと提携して発行しているクレジットカード(楽天カード、ライフカード、イオンカードなど)を指します。

プロパーカードは、旅行傷害保険や、家族カード、ETCカードの追加カード発行などの付帯サービスが充実している一方で、提携カードは、提携している会社や商業施設、商品の割引やポイント還元、マイルが貯まりやすかったりと、提携している会社に特化したサービスが充実している場合があります。

高還元率カード×ステータスカード

高還元率カードとステータスカードの組み合わせは、普段の買い物やネットショッピングをするとき、公共料金などの支払い用のカードと、海外旅行の際に持っていると安心できるカードの組み合わせです。高還元率カードは、上記でも挙げた提携カードのように、ポイント目的で使います。よく買い物をする店舗のカードや、ポイント還元が高いカードを選びましょう。そのカードで毎日の買い物や、毎月の携帯代や公共料金などの生活固定費を払えば、効率良くポイントが貯まりすます。

一方ステータスカードは、海外旅行傷害保険が充実していたり、空港ラウンジが無料で利用できたり、またマイルが多く貯まったりと、旅行の際に嬉しいサービスが充実している場合が多いです。またステータスのあるカードは、信頼と認知度があり、支払いの際に少し優越感を得ることもできます。

年会費無料カード×航空系カード

クレジットカードの中には、ANAやJALが発行し、マイルが貯まりやすいクレジットカードがあるので、年会費が無料のカードと使い分けるのもおすすめ。

年に1回しか飛行機に乗らない方でも、入会キャンペーンや、毎年の継続時や、初回搭乗ボーナスでマイルが貯まるので、有効期限内に活用できるだけのマイルは充分に貯まります。またANAカード、JALカード共にマイルが貯まる特約店の数が多いのも魅力です。

国際ブランドで組み合わせる

クレジットカードの5大国際ブランドと言われるものとして、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、ダイナースが挙げられます。このうち、VISAとMasterCardの世界シェアが現在1、2位となっており、特に海外に行く際にはこのどちらかを持っていると安心です。

もし今持っているクレジットカードの国際ブランドがJCB、AMEX、ダイナースの場合には、VISAかMasterCardのクレジットカードを組み合わせるのがおすすめです。

 

クレジットカードを1枚だけに制限していたり、複数持っていてポイントが分散していた方、いかがでしたでしょうか?もちろん今使っている1枚で特に不便を感じていない方も多くいるかと思います。2枚持つことが良いわけではなく、2枚持つ必要が出てきた場合、また2枚に集約をしようとする際には、お互いの良い所が組み合わせられるクレジットカードを持つようにしましょう。

    
この記事のおすすめクレジットカード

JCB一般カード

JCB一般カード

JCBが発行しているプロパーカードです。初年度年会費無料、次年度からも1,250円(税抜)とお手頃な年会費!しかしながらサービスは充実しており、旅行傷害保険は最高で3,000万円の補償があります。Apple Pay(アップルペイ)にも対応しています。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

AMEXグリーン

AMEXグリーン

そのステータスとデザイン性から人気の高いりアメリカン・エキスプレス・カード。AMEXグリーンはアメックスの一般カードですが、他社のゴールドカードと比べても遜色がないサービスの充実度を誇ります。年会費は12,000円(税抜)ですが、今ならキャンペーン入会で初年度年会費が無料。旅行傷害保険、空港でのサービスが特に充実している1枚です。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

楽天カード

楽天カード

楽天が発行しているカードです。年会費が無料で、最初に作るカードとしてオススメです。楽天市場や楽天トラベルといった楽天グループのサービスを利用したときのポイント還元率は特に高いので、これらのサービスを頻繁に利用する人には特に有利なカードです。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカード

初年度年会費は無料で、2年目以降2,000円(税抜)ですが、WEB明細書サービスの利用で、500円の割引が適用されます。Suica一体型のクレジットカードなので、自動改札機を通る際や、ちょっとした買い物にも活躍をしてくれます。毎年継続ボーナスで、航空サービスで利用できる1,000マイルが付与されます。ANAを良く利用される方にはおすすめの一枚です。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

JALカード

JALカード

ボーナスマイルやショッピングマイルサービスなど、基本的な機能を備えているスタンダードなカードです。年会費は2,160円ですが、初年度は無料になります。イオン、ファミリーマート、マツモトキヨシ、ENEOSなど特約店で利用すると、マイルが2倍貯まります。海外旅行保険なども付帯しており、旅行好きの方にぴったりです。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

おすすめ・お役立ち記事一覧

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。

おすすめ・お役立ち記事一覧

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。