更新

国税のクレジットカード払いのメリット・デメリットとは?

2017年1月4日より、法人税や相続税、贈与税などの国税も、クレジットカードでの支払いが可能になりました。今回は、国税のクレジットカード払いのメリット・デメリットについて詳しく解説していきたいと思います。

電卓とお札とカレンダー

支払いが可能な国税について

現在クレジットカードでの支払いが可能な国税の税目は下記となります。

申告所得税及復興特別所得税 消費税及地方消費税 法人税
法人税(連結納税) 地方法人税 地方法人税(連結納税)
相続税 贈与税 源泉所得税及復興特別所得税(告知分)
源泉所得税(告知分) 申告所得税 復興特別法人税
復興特別法人税(連結納税) 消費税 酒税
たばこ税 たばこ税及たばこ特別税 石油税
石油石炭税 電源開発促進税 揮発油税及地方道路税
揮発油税及地方揮発油税 石油ガス税 航空機燃料税
登録免許税(告知分) 自動車重量税(告知分) 印紙税

一般の方であれば、直接納付する機会が無い税金も多いかと思いますが、法人の方にとっては助かる制度ではないでしょうか。

また利用ができるクレジットカードは、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Clubとなっているので、日本で流通しているほとんどのクレジットカードで決済可能といって良いと思います。

国税のクレジットカード払いのメリット

クレジットカードを利用するメリットの1つとして、納税が簡単にできるということがあげられます。今まであれば、銀行や税務署の窓口、コンビニで納税を行っていたという人がその大半かと思います。他にも金融機関を利用すれば納税できますが、平日しか対応をしていなかったり、銀行で大金ををおろしてから窓口やコンビニに行かなければならなかったりと、何かと不便な思いをした方も多いのではないでしょうか?しかし、クレジットカード払いであれば、インターネットを利用して、すぐに納税ができます。また、24時間対応していますので、滞納することなく、空いた時間で手続きを進められます。

支払いの先送りが可能

クレジットカード払いの特徴として、実際に銀行口座から引き落とされるのが、先になるということがあげられます。国税の納税額が高額で、すぐに現金を用意することが難しい場合でも、クレジットカードの猶予期間を有効に利用し、計画的に支払うことが可能になります。

ポイントが貯まる

国税のクレジットカード払いについても、普段ショッピングなどで使う時と同様に、利用することで国税納付分のポイントが貯まります。また、クレジットカードの利用履歴が更新されるため、しっかり信用情報に記録されることになります。現金での支払いと違い、クレジットカードで決済するからこそ得られる利点といっていいかと思います。

国税のクレジットカード払いのデメリット

クレジットカードで国税を納付した場合、領収証書は発行されません。領収証書が必要な場合は、最寄りの金融機関又は所轄の税務署の窓口で納付をする必要があります。

 

また、国税のクレジットカード払いをした際のデメリットについては、利用額に応じた手数料を請求されるという点です。例えば、1万円を納税すると82円の請求が行われます。2万円を納税すると164円の請求が行われます。現金での支払いの場合には、手数料が請求される事はないので、こちらについては注意するべきポイントです。

納付税額 決済手数料(税込)
1円~10,000円 82円
10,001円~20,000円 164円
20,001円~30,000円 246円
30,001円~40,000円 328円
40,001円~50,000円 410円
※以降、10,000円を超えるごとに決済手数料82円が加算されます。

ポイントの還元によって手数料を埋め合わせる

上の表の通り、1万円の国税をクレジットカードで決済すれば、82円(0.82%)の決済手数料を請求されます。そのため、還元率が0.5%のクレジットカードで支払いをした場合には、手数料分、現金で支払うよりも損をする計算になってしまいます。もし手数料分を補てんするのであれば、還元率が1%以上のクレジットカードで支払えば問題ありません。手数料を含めた10,082円分を支払うことになりますが、その後ポイントという形で82円以上が還元されることになります。

 

今までは銀行振り込みや口座振替で納税をしていた方も、新しく取り組みが始まった、クレジットカードでの国税納付を、支払いの手段として検討してみてはいかがでしょうか?

    
この記事のおすすめクレジットカード

楽天カード

楽天カード

年会費は永年無料。2016年度で8年連続・顧客満足度1位を獲得した、CMでもおなじみの人気のクレジットカードです。楽天市場でのお買い物ではポイントが4倍、街での利用でも100円で1ポイントがたまります。ポイント還元率は1.0%です。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

ライフカード

ライフカード

ライフカードは、年会費、家族カード、ETCカードを含めて無料です。入会後1年間はポイントが1.5倍つき。誕生日月の利用では基本ポイントが5倍となり、通常ポイント還元率が0.5%のところ、2.5%になります。またカード利用額によって、プレゼントポイントの付与と、次年度最大でポイントが2倍となるのも、高額決済をする際にはおすすめなポイントです。

カード詳細を見る公式サイトはこちら

おすすめ・お役立ち記事一覧

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。

おすすめ・お役立ち記事一覧

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。