更新

カードローンとクレジットカードのキャッシングを比較

急な出費で手持ちの現金が足りない時の手段として、カードローンやクレジットカードのキャッシング機能で、不足分を一時的に補うという方法があります。ではこの2つの具体的な違いをご存知でしょうか?

場合によっては、特にその違いを意識せずに利用されている方もいるかと思います。実際は、金利面などサービス面に異なりがあるため、今回は具体的にその違いを説明していきたいと思います。

ATMでキャッシング

金利面から比較する

カードローンとクレジットカードのキャッシングを比較した場合、金利に焦点をあてるのであれば、カードローンの方が安く借り入れを行うことができます。一般的にキャッシングの金利が18%であれば、カードローンは15%程度です。

そのため利息を抑えたいという人にとっては、カードローンの方が便利なサービスといって良いかと思います。

返済回数は、キャッシングが有利

カードローンを利用する場合、支払いがリボ払いになることをご存知でしょうか?借りたお金を何度かに分けて支払えるため、毎月の支払い総額は少なくなりますが、最終的な返済額が非常に大きくなってしまうという特徴があります。

一方でキャッシングは、返済額を1回で全額支払うことが可能なため、手数料は発生しますが、利息が掛からずお金の借り入れができてしまいます。実際、カードローンでも1回で全額支払うことは可能ですが、利息がかかってしまうので、そのような点を考慮すれば、クレジットカードのキャッシング機能の方が便利です。

返済日から比較する

クレジットカード会社は、キャッシングの返済日を毎月決まった日に設定していることが一般的です。一方、カードローン会社は、利用者が返済日を指定できます。そのため、返済日の自由度からすれば、カードローンの方が便利だと言えます。しかし、キャッシングのように最初から返済日が指定されていた方が、返済が滞らなくて良いという方もいるため、どちらも便利だと言えるでしょう。

借り入れ金額から考慮する

キャッシングは一時的に現金が必要になった時や、海外旅行などで利用されることが多いかと思います。そのため10万円などの借り入れを行う際は、キャッシングで十分対応することができます。

一方、高額な借り入れようとすると、カードローンの方が向いています。カードローンは融資できる金額が高く設定されていて、金利もキャッシングに比べれば低い為、数十万以上の借り入れをしようとした場合には、便利だと言えます。

しかし、キャッシングのように、カード契約時に設定した少額融資しか認められないという前提があった方が、多重債務者になる確率が低くなるため、どちらも便利であり、本人の利用状況によると言えるでしょう。

キャッシング機能付のクレジットカード

クレジットカード申込時に、キャッシング機能を合わせて申し込んでおけば、給料日前に現金が必要になった時や、海外で現地通貨を引き落とす時など、便利に利用することができます。

ただ、キャッシング枠を上限まで設定をして申請をすると、クレジットカードの審査に落ちてしまう場合もありますので、申込みの際には必要最低限に設定をして、申請をしましょう。

 

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?カードローン、クレジットカードのキャッシングと、一時的に現金を借り入れるには便利ですが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

いずれにしても、利用する際には返済の目途を立てたうえで、利用をするようにしましょう。

クレジットカードの基礎情報・お役立ち記事一覧

あなたに価値のある一枚、アメリカン・エキスプレス・カード、ダイナースクラブカード特集

お得な入会キャンペーン中のクレジットカード

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。

クレジットカードの基礎情報・お役立ち記事一覧

あなたに価値のある一枚、アメリカン・エキスプレス・カード、ダイナースクラブカード特集

お得な入会キャンペーン中のクレジットカード

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。