更新

クレジットカードのブラックリストってどうしたら載るの?また載らないためには?

クレジットカードの申込みを検討している方の中には、「ブラックリスト」という言葉を聞いたことがある方もいるかと思います。クレジットカードは、利用の仕方を間違えると、このブラックリストに掲載されてしまい、ブラックリストに掲載をされてしまうと、新たにクレジットカードの申込みをしても一定期間審査で落とされてしまいます。

今回は、ブラックリストに掲載される原因や掲載されないための対策方法をご説明いたします。

申込

【ブラックリストに掲載される原因】

支払いを滞納してしまう

クレジットカードで決済をしたのにもかからわらず、引落し日になっても銀行口座にお金が無く、支払いをせずに放置していると、借金を滞納していることになります。この滞納期間が続くと、間違いなくブラックリストに掲載されます。

債務整理を利用した場合

借金を返済できないからという理由で、債務整理を利用するとブラックリストに掲載されてしまいます。任意整理を選んだのか、自己破産を選んだのかまで明記されることになりますので、できるだけ軽度な債務整理がブラックリストへの記録期間も短くお勧めです。

短期間に何度も申込みを行った場合

クレジットカードを作成する際、審査になかなか通らないからという理由で、半年に3回以上、金融機関に申込み審査を依頼すると申込みブラックとして、ブラックリストに掲載されてしまいます。やはり、複数の金融機関に審査申込みを依頼する人には、クレジットカード会社も審査の承諾ができません。何らかの理由でお金に困っていると判断され、借り入れを承諾した場合、お金が戻ってこない可能性が高いと審査をされてしまうからです。

奨学金を滞納する

専門学校や大学へ通う際に、学費として奨学金を借りる方も多いかと思います。ただこの借りた奨学金を滞納してしまう方が多いため、クレジットカードの作成の審査申込みの際に問題となることに気づかない方がいます。この費用を滞納してしまうと、ブラックリストに掲載されてしまいますので金融機関から信用を失わないためにもすべて返済してしまいましょう。

 

【ブラックリストに掲載されないための対策】

借りたお金は必ず返済する

当たり前のことですが、ブラックリストに掲載されたくないのであれば、クレジットカードで支払い、キャッシングを利用して借り入れたお金は、必ず返済してください。基本的には、支払いを滞納しなければ、ブラックリストに掲載されることはありません。一度支払いを忘れていても、その場でしっかりと支払いを行えば、ブラックリストへの掲載を防ぐことができます。またどうしても返済が滞りそうな場合は、借金が大きくなる前に、金融機関のスタッフの人に事前相談すれば、問題を最小限に抑えることができます。

 

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか。一度ブラックリストに載ってしまうと、その後クレジットカードを作るのが難しくなり、クレジットカードでの決済が当たり前になった現在では、とても不便に感じることも多くなると思います。

クレジットカードでの支払いや、キャッシングは計画的に利用し、返済期日には銀行口座に引落し金額が足りなくならないように、しっかりと管理をしましょう。

クレジットカードの基礎情報・お役立ち記事一覧

あなたに価値のある一枚、アメリカン・エキスプレス・カード、ダイナースクラブカード特集

お得な入会キャンペーン中のクレジットカード

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。

クレジットカードの基礎情報・お役立ち記事一覧

あなたに価値のある一枚、アメリカン・エキスプレス・カード、ダイナースクラブカード特集

お得な入会キャンペーン中のクレジットカード

クレジットカード発行会社一覧

【ご注意】実際にクレジットカードを申し込まれる場合には、各カード会社ページにて最新情報をご確認の上、お客様ご自身の責任でお申込み下さい。
掲載カードの詳細およびキャンペーンに関する各種お問い合わせは、各カード会社様へお願い申し上げます。